ミモザの日とは何?花の種類や花言葉は?花の保存方法! | Wontime

ミモザの日とは何?花の種類や花言葉は?花の保存方法!

3月8日はミモザの日と言われますが、結構マイナーなものなので知らない方が多いのではないでしょうか?
そこで、ミモザの日とは何か、また花の種類や花言葉、花の保存方法などを調べてみました!

目次
ミモザの日とは?
花の種類や花言葉は?
ミモザの花の保存方法!長持ちの秘訣は?
まとめ

 

 

ミモザの日とは?



ミモザの日とは国連が3月8日に決定した「国際女性デー」のことを言うようです。
きっかけは1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求め、デモを起こしたことが
きっかけのようです。
では、どのような歴史があるのでしょうか。

以下時系列でまとめてみました。

 

1904年 3月8日
アメリカで女性労働者が婦人参政権を求め、デモを起こす。

1910年
コペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で、
「女性の政治的自由と平等のために戦う日」と提唱し「国際女性デー」になる

1917年
ロシアの二月革命の首都ペトログラード(当時名)で女性労働者を中心としたデモが起こる。

1923年3月8日
日本で起きた社会主義フェミニスト団体による集会開催

 

その後争いが絶えなく一時期はやらなかったのですが・・・

 

1965年代後半
女性解放運動などで関心が高まる

1975年
国連により国際婦人年が制定され、女性の平等な社会参加の機会を整えるように加盟国へと呼びかる。
以上にように、制定されてからもう100年近くたつ歴史ある日のようだったんですね。

 

ちなみにイタリアではこの日を

FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)

といって、日頃の感謝を込め、奥さんや母親、身近な女性にミモザを送る日なんだそうなんです。
なんだか「母の日」とちょっと似ていますね(#^^#)
それにしても花を贈るとかステキです(*´ω`)

また、貰ったミモザの花を胸や髪に飾り、家事や育児から解放されて女性同士でお喋りしながら食事したりして
楽しむ日でもあるそうですよ。

 

花の種類や花言葉は?

ミモザの正式名称はミモザアカシアと言うようです。
もともとマメ科のオジギソウを示すラテン語ですが種類は豊富です。

フサアカシア
ギンヨウアカシア
ブルーブッシュ
コーストマイオール
ハーフムーンアカシア
シルバートワル
ブリベーントワル

など意外と多く種類があるようです。

 

 

そして花言葉は、

友情
真実の愛
秘やかな愛
豊かな感受性
堅実
エレガンス
神秘

こういった花言葉があるようですよ。

この花言葉を使って花と一緒にメッセージを添えてあげたりするのもいいかもしれませんね。

誰にあげるかは、例えば「秘やかな愛」だったら「想いを寄せている方」だったり、「神秘」であれば
奥さんに「出会いの神秘を込めて贈る」とか・・・用途は人それぞれですね^^

 

 

 

また、このミモザという言葉は実は料理なんかで使われていたりします。

例えば、
ミモザサラダ・・・サラダの上に黄色い卵を散らしたもの

ミモザカクテル・・・オレンジジュースとシャンパンから作られたもの

あとはミモザ風パスタとかですね。
結構オシャレな感じなので、花の代わりにこういったものを作って
ご馳走してあげるのもいいかもしれませんね(#^^#)
もちろんミモザの名前が入っているからと言って
実際に花が入っているわけではないのでご安心くださいね(笑)

 

 

 

ミモザの花の保存方法!長持ちの秘訣は?

実際貰ってもすぐに枯れてしまっては悲しい・・・
ということで、ミモザの保存方法についてなのですが
以下の事に気を付けた方が良いようです。

 

乾燥に弱いので枝元をハサミで十字に切る。(水上げをよくするため)
枝全体を風に当てないようにする。
水上げ剤、鮮度保持剤を使う(あればGOOD!)

 

せっかく頂いた花なので、できれば長持ちさせたいですよね。
是非、試してみてはいかがでしょうか(*’ω’*)

 

 

まとめ

・ミモザの日とは1910年3月8日に国連が定めた「国際女性デー」である。
・ミモザの日には花を、奥さん母親身近な女性に贈る日。
・ミモザの花の種類や花言葉はたくさんある
・ミモザの花は乾燥に弱いため、長持ちの秘訣は水上げを良くすること

 

それでは、こちらの記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事のコメント

藤森和子 様

コメント有難うございます!

お花、これからも大切に育ててくださいね(#^^#)
今自宅できれいに咲いています。素敵な花言葉を知ることができてよかったです。枯らさないよう大切に育てていきたいと思います。ありがとうございました。

この記事へのコメント

Wontime TOP » くらし » ミモザの日とは何?花の種類や花言葉は?花の保存方法!