お彼岸入りとお彼岸明け2016年はいつ?お盆との違いや墓参りの理由 | Wontime

お彼岸入りとお彼岸明け2016年はいつ?お盆との違いや墓参りの理由

2016年のお彼岸入りとお彼岸明けはいつ?また違いは何ですか?
と聞かれたときに、すぐに答えられますでしょうか。

大抵の人は墓参りして、おやぎ食べて・・・といった感じで、
詳しい日にちや墓参りをする理由などはイマイチわからない方が多いかもしれません。

そこで、お彼岸についての時期や違い、墓参りをする理由なども調べてみました!


 

 

目次
お彼岸入りとお彼岸明け2016年はいつ?
お盆との違いは何?
お彼岸に墓参りをする理由

 

 

 

 

 

お彼岸入りとお彼岸明け2016年はいつ?



まずお彼岸は1年のうちに2回あり、
春分の日と秋分の日をそれぞれ中日とし、
前後3日間を足した日がお彼岸の対象となります。

2016年の春分の日は3月20日、秋分の日は9月22日なので
なので、お彼岸の時期は

春:3月17~23日
秋:9月19~25日

になります。

 

そして、お彼岸入り・お彼岸明けははそのままお彼岸に入り・明ける日を指すので
2016年春
お彼岸入り:3月17日
お彼岸明け:3月23日

2016年秋
お彼岸入り:9月19日
お彼岸明け:9月25日

 

ということになるんですね。

 

 

 

お盆との違いは何?

お彼岸とお盆との違いは時期の違いご先祖様の居場所が違うところです。
お彼岸は上記にあげたとおり統一されてますが、
お盆の時期については時代によって変わってきています。

昔は7月13日~16日に行われていて
最近では8月15日前後(お盆遅れ)に行われるのが一般的と言われています。
また、地域によっても若干日付が異なったりします。

そしてお盆というのはご先祖を家に迎えてゆっくり過ごしてもらう事を目的としているので
お彼岸のように墓の前で手を合わせてもご先祖様はそこにはいません。

 

 

 

 

お墓参りをする理由

お彼岸という言葉からわかるように「彼方の岸」ということで向こう側を表していますよね。
このようにあちらの世界の事を言いますが、行事は仏教にちなんで行われます。



まず、彼岸とは迷いがある煩悩(欲がある)に満ち溢れた世界を意味し
反対に此岸(しがん)とは迷いがなく悟りを開いた世界という意味があります。

そして、彼岸はの方、此岸は西の方にあるといわれていて、
秋分の日と春分の日は1年の間で太陽が真東から真西に沈み、昼と夜の長さが同じになることから

 

あの世とこの世の人間が最も近くなる日

 

とされることから、ご先祖様の墓参りをするようになっているんですね。

また、お墓参りをすることに悟りを開いたあの世にいく時のため、心を鍛える意味合いや
ご先祖を忍び尊ぶ日でもあるようです。

 

ちなみに、初めてお彼岸をしたのが聖徳太子であるといわれており、
平安時代になるとそれが年俸行事になり、1844年ころから春分・秋分の日を中日前後3日を彼岸とした
ことから現代まで行われているようです。

小さい頃の思い出としては
よくお墓からおんぶする動作をして家まで帰ったあと家族みんなでおはぎ(ぼたもち)を美味しく食べた記憶があります。


 

 

 

まとめ
・2016年のお彼岸は1回目(春)が3月17~23日で、2回目(秋)は9月19~25日の計14日間である。
・お盆とお彼岸の違いは時期やご先祖の居場所が違う
・お墓参りをする理由はいつか悟りを開いた仏様のところいく時のため、心を鍛える意味合いや
ご先祖を尊ぶ期間でもある。

 

以上になります。

お彼岸の期間やお盆との違い、お墓参りの理由などご理解いただければ幸いです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » くらし » お彼岸入りとお彼岸明け2016年はいつ?お盆との違いや墓参りの理由