アジア柔道選手権大会2016の出場選手や試合結果!【日本代表】 | Wontime

アジア柔道選手権大会2016の出場選手や試合結果!【日本代表】

2016年4月15日~17日にかけてアジア柔道選手権大会が行われます。今までに数々の金・銀・銅メダルを獲得してきましたが、果たして今回の試合はどのような展開を見せるのでしょうか。その日本代表の出場選手や試合日程、試合結果についてお伝えしていきます。

Sponsored Link


目次
大会概要
出場選手(日本代表)
試合結果
昨年(2015年)日本の結果

 

 

 

大会概要

大会名:アジア柔道選手権大会2016
日にち:4月15日~17日
開催地:ウズベキスタン タシュケント
時差:-4時間
(日本が4時間進んでいます)
例)日本20:00⇒タシュケント16:00

 

 

 

 

出場選手(日本代表)

男子日本代表
階級 選手名 年齢 身長
60㎏級 大島 優磨 21歳 164cm
66㎏級 (阿部 一二三) 18歳 168cm
73㎏級 橋本 壮市 24歳 170cm
81㎏級 小原 拳哉 18歳 177cm
90kg級 小林 悠輔 20歳 173cm
100㎏級 後藤 隆太郎 21歳 177cm
100㎏超級 影浦 心 18歳 178cm
※なお、阿部一二三選手は残念ながら怪我のため4月11日に欠場しました。

 

女子日本代表
階級 選手名 年齢 身長
48㎏級 渡名喜 風南 20歳 148cm
52㎏級 志々目 愛 22歳 158cm
57㎏級 山本 杏 21歳 158cm
63㎏級 津金 恵 20歳 160cm
70kg級 大野 陽子 26歳 169cm
78㎏級 高山 莉加 21歳 169cm
78㎏超級 井上 愛美 23歳 169cm
 

 

 

 

試合結果

アジア柔道選手権大会2016の試合結果については以下の通りとなります。

 

【日本男子試合結果】

60kg以下級:大島優磨(3位)

66kg以下級:3位以内無し

73kg以下級:橋本 壮市(優勝)

81kg以下級:3位以内無し

90kg以下級:小林 悠輔(準優勝)

100kg以下級:3位以内無し

100kg超級:影浦 心(優勝)
【女子試合結果】
48kg以下級:渡名喜 風南(3位)

52kg以下級:志々目 愛(優勝)

57kg以下級:山本 杏(3位)

63kg以下級:津金 恵(準優勝)

70kg以下級:大野 陽子(優勝)

78kg以下級:高山 莉加(準優勝)

78kg超級:井上 愛美(3位)

 

以上より、男子・女子個人戦をまとめますと、

金メダル(4枚):橋本 壮市、影浦 心、志々目 愛、大野 陽子

銀メダル(3枚):小林 悠輔、津金 恵、高山 莉加

銅メダル(4枚):大島 優磨、渡名喜 風南、山本 杏、井上 愛美

になります。

 

 

※団体戦の試合は今回はありませんでした。

 

昨年(2015年)日本の結果

2015年5月にクウェートで行われたアジア選手権の日本試合結果は以下の通りとなります。

 

【男子60kg~100kg超級】
60kg級
準優勝:木戸慎二

66㎏級
優勝:高上 智史

73㎏級
3位:橋本 壮市

81㎏級
優勝:長島 啓太

90㎏級
準優勝:西山 大希

100㎏級
優勝:高木 海帆

100㎏超級
3位:西潟 健太

 

 

【女子48kg~78kg超級】
48kg級
優勝:浅見 八瑠奈

52kg級
3位:西田 優香

57kg級
優勝:玉置 桃

63kg級
2位:西川 真帆

70kg級
3位:ヌンイラ 華蓮

78kg級
優勝:梅木 真美

78kg超級
3位:稲森 奈見

 

 

【団体戦】

男子、女子共に優勝!!!

 

今回のアジア選手権の結果はどうなるのでしょうか。ちなみにアジアの中では金メダル獲得数(147枚)が日本が一番多いようですよ。まさにアジアナンバーワンの実力を持っているみたいですね。また金メダル獲得数2位が韓国(82枚)、3位が中国(45枚)となっていることから、強敵ではありますが、気を抜かずに行けば今回も金メダル獲得が期待されるのでとても楽しみですね(#^.^#)

アジア選手権大会では放送の予定はないそうです・・・残念(>_<)


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » 柔道 » アジア柔道選手権大会2016の出場選手や試合結果!【日本代表】