ドラゴンボール超38話のネタバレや感想!ヒットの強さとモナコの正体 | Wontime

ドラゴンボール超38話のネタバレや感想!ヒットの強さとモナコの正体

2016年4月10日にドラゴンボール超(スーパー)が放送されましたね。そのネタバレや感想をまとめてみました!

目次
ドラゴンボール超38話ネタバレ・感想【前半】
ドラゴンボール超38話ネタバレ・感想【後半】

スポンサーリンク


 

ドラゴンボール超38話前半ネタバレ・感想

こちらは38話の予告動画になります。


次の対戦相手は、ベジータ vsヒット。
ヒットは第6宇宙最強の殺し屋で、狙った獲物は逃さないほどの強者のようです。。
ベジータは試合が始まるやいなや速攻でスーパーサイヤ人ブルーに変身するんですが、ヒット強すぎでした(笑)
ベジータが自身最速でヒットの懐に踏み込むも、全て打ち返されてしまう。
徐々に体力が削られるベジータ・・・。
挙句の果てにはブルマにベジータは勝手に吹っ飛んでると思われる始末。
ベジータさんがちょっと可哀そう(/ω\)

そこで、ベジータはヒットの攻撃が軽いことから真っ向勝負を挑み、ヒットの腕を掴むまでは良かったんですが、そこに攻撃しようとした瞬間・・・
ヒットの腹パン!ワンパンでしたw

ベジータはノックダウンしてしまいました。
それにしてもベジータも相当強くなっているはずなのに・・・。

ヒットの尋常じゃない攻撃の速さ・・・瞬間移動でもなく、透明人間でもない。一体何なのか。

 

 

ドラゴンボール超38話ネタバレ・感想【後半】

どうやらヒットは「時飛ばし」と呼ばれる時間を0.1秒だけ自分以外の時間を止められる能力を持っているそうなのです!ウイスと同じ能力!
ええ!?っていう感じですよね。
これこそ反則負けにした方がいいんじゃないのか・・・と思ってしまいます。毒なんかよりこっちの方が強力に思えますね(笑)

そしていよいよ待ちに待った悟空とヒットとの闘いが始まります。
悟空は変身せずノーマル状態で戦いに挑みます。

最初の試合の展開はベジータと同じでした。
速攻で懐に飛び込むも、返り討ちにされてしまいます。

 

ですが、悟空はヒットの能力を見極め最終的にはヒットの頬にダメージを負わせました
悟空は時間を止めた後のヒットの攻撃を予想していたのです。

悟空やっぱり最強ですね。戦いの天才です。

とここまでが38話の話になります。

次はどのような展開になるのか放送が楽しみですね!
予想としては、悟空は勝つんじゃないでしょうか。地球が移動しちゃったら話的にまずくない?と思います。
でも希望としては悟空が負けて、是非謎の戦士モナコに試合してもらいたいです!(笑)

 

でも話の途中に、ビルス様とウイスが話していたのですが・・・。
ビルス様がウイスに対処法(ヒットの倒し方)を悟空に教えてやれというのですが、ウイスは中々聞きません。
ウイス「悟空さんとベジータさんを発奮させるために嘘をついて・・・何でもない素人さんを連れてきたんでしたっけ。おーっほっほっほ。
なんと・・・衝撃発言ですね。これはもうモナコは雑魚といっているようなものです。

 

見た目からして弱そうなモナコですが、やはりそのままなんでしょうか?
もしかしたらとんでもないパワーが・・・ないか。

 

次回は39話「成長した時飛ばしの反撃!?でるか!?悟空の新たな技!


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » 未分類 » ドラゴンボール超38話のネタバレや感想!ヒットの強さとモナコの正体