テニス・マドリードオープン2016試合結果速報!【錦織圭】 | Wontime

テニス・マドリードオープン2016試合結果速報!【錦織圭】

テニス、ムチュア・マドリードオープン2016錦織圭選手の試合日程や結果を、速報でお伝えしていきます!

Sponsored Link


目次
試合日程・結果
過去3年間のマドリードオープンの錦織圭選手の成績と優勝者

 

 

試合日程・結果

今大会のムチュア・マドリードオープン2016では錦織圭選手は第6シードとなり、試合は5月4日~となります。2回戦が初戦となりますが、最初の相手は5月3日21:00(日本時間)に対戦するファビオ・フォニーニ(世界ランク30位)対バーナード・トミック(世界ランク22位)の勝った方との対戦となります。
※時差は日本が7時間進んでいますが全て日本時間にて表記しております。(日本20:00⇒現地13:00)

マドリードオープン2016・2回戦(錦織初戦)

5月4日(水) 21:00~

錦織圭 VS ファビオ・フォニーニ
第1ゲーム:6-2
第2ゲーム:3-6
第3ゲーム:7-5

結果:2-1
錦織圭選手勝利!

「バーナード・トミック(世界ランク22位)との戦績」
・2012年ロンドンオリンピック大会にて2-0で勝利
・2015年ブリズベン国際大会にて2-0で勝利
・2016年ブリズベン国際大会にて1-2で敗北
通算:2勝1敗

「ファビオ・フォニーニ(世界ランク30位)との戦績」
・2011年全豪オープン大会にて3-1で勝利
通算:1勝0敗

 

過去の結果から推測するに、今年のトミックに1度負けているのが気にかかりますが、錦織選手の体調・精神共に万全な状態ならどちらの選手が来ても、気を抜かなければ十分勝てる相手かと思います。

 

◆マドリードオープン2016・3回戦

5月5日(木) 21:00~

錦織圭 VS リシャール・ガスケ(世界ランク12位、フランス)
第1ゲーム:6-4
第2ゲーム:7-5
結果:2-0
錦織圭選手勝利!宿敵リシャールガスケ選手にストレートで初勝利です(*’ω’*)

「リシャール・ガスケ(世界ランク12位、フランス)選手との戦績」
・2008年AIGオープンで0-2で敗北
・2010年アルトワ選手権0-2で敗北
・2013年BNPパリバマスターズ0-2で敗北、ロジャースカップ0-2で敗北
・2014年シティ・オープン0-2で敗北
・2015年BNPパリバマスターズ途中棄権により敗北
通算:0勝6敗
という事で次の対戦相手は錦織圭選手にとってかなり手ごわい相手になりそうです。今まで一度も勝ったことがない相手ですが、本番では何が起こるか誰にもわかりません。日本人テニストッププレイヤーの意地を見せる事が出来るかかなりの見どころです。初戦が消極的プレーでかなり苦戦を強いられたようだったので、逆にこの試合に勝ってしまえば、良い流れにはなると思います。

 

 

◆マドリードオープン2016・準々決勝

5月6日(金) 21:30~
錦織圭 VS ニック・キリオス
第1ゲーム:6-7
第2ゲーム:7-6
第3ゲーム:6-3
結果:2-1

錦織選手勝利!

次の相手は5月5日23:00~試合のパブロ・クエバス(27位、ウルグアイ)vsニック・キリオス(21位、オーストラリア)で勝った方との対戦となります。

ニックキリオスが2-1でクエバス選手に勝利したためその選手との対戦になりました。
「パブロ・クエバス(27位、ウルグアイ)選手との戦績」
・2011年全米グレーコート選手権大会2-0で勝利
通算:1勝0敗

「ニック・キリオス(21位、オーストラリア)選手との戦績」
・2015年上海ロレックス・マスターズ大会2-1で勝利
・2016年マイアミ・オープン大会2-0で勝利
通算:2勝0敗

ということで過去の戦績から判断するとどちらの選手が勝ち上がったとしても、勝ち目は十分にありそうです。ですが、今大会でキリオス選手は非常に調子が良く、2回戦にて世界ランク4位のスタン・ワウリンカ選手にストレート勝ち(2ゲームともデュース入り)しているので、決して侮れる相手ではありません。

 

◆マドリードオープン2016・準決勝

5月8日 03:00
錦織圭 VS ノバク・ジョコビッチ
第1ゲーム:6-3
第2ゲーム:7-4
結果:0-2

ジョコビッチ選手の勝利!

次の対戦相手はノバク・ジョコビッチ(世界ランク1位、セルビア)vsミロシュ・ラオニッチ(世界ランク10位、カナダ)で勝った方との対戦となります。

ジョコビッチ選手が2-0でラオニッチ選手に勝利したため、準決勝はジョコビッチ選手と対戦です。

「ノバク・ジョコビッチ(世界ランク1位、セルビア)との戦績」
・2010年全仏オープン0-3で敗北
・2011年スイス室内で2-1で勝利
・2014年バークレイズATPワールドツアーファイナル1-2で敗北
・同年BNPパリバマスターズ0-2で敗北
・同年全米オープン3-1で勝利
・同年ソニーオープン棄権により敗北
・2015年2014年バークレイズATPワールドツアーファイナル0-2で敗北
・同年イタリアBNL国際1-2で敗北
・2016年マイアミオープン0-2で敗北
・同年全豪オープン0-3で敗北
通算:2勝8敗

「ミロシュ・ラオニッチ(世界ランク10位、カナダ)との戦績」
・2012年楽天ジャパンオープンテニス2-1で勝利
・2014年楽天ジャパンオープンテニス2-1で勝利
・同年全米オープン3-2で勝利
・同年ウインブルドン1-3で敗北
・同年マドリードオープン2-0で勝利
・2015年デビスカップ3-2で勝利
・同年ブリスベン国際1-2で敗北
通算:5勝2敗

ということで錦織vsラオニッチなら勝ち目はありますが、ジョコビッチ選手が上がってくる可能性が高いので当たれば相当苦戦を強いられることでしょう。でも過去にジョコビッチ選手にたった1度だけですが勝利していますので、今大会錦織選手は勢いが良いことから、もしかしたらもしかするかもしれませんね!

 

◆マドリードオープン2016・決勝
5月9日(月) 01:30~
ノバク・ジョコビッチ VS アンディ・マリー
第1ゲーム:6-2
第2ゲーム:3-6
第3ゲーム:6-3
結果:2-1

ジョコビッチ選手の優勝!

 

 

【マドリードオープン2016最終結果】

優勝:ノバク・ジョコビッチ

準優勝:アンディ・マリー

錦織圭選手はベスト4!

 

 

 

 

過去3年間のマドリードオープンの錦織圭選手の成績と優勝者

マドリード・オープン2013年~2015年までの錦織圭選手の成績や優勝者を記載いたしました。

 

【2015年マドリードオープン】
錦織圭:ベスト4
優勝者:アンディ・マレー

 

【2014年マドリードオープン】
錦織圭:準優勝
優勝者:ラファエル・ナダル

 

【2013年マドリードオープン】
錦織圭:ベスト8
優勝者:ラファエル・ナダル

 

今までにナダル選手は4回優勝、マレー選手は2回優勝しています。また3年前よりさらに過去にはロジャー・フェデラーやノバク・ジョコビッチも優勝しています。錦織圭選手は今まで優勝は出来ていませんが、2014年ではあと一歩でしたね。
2014年は体調不良のため棄権により最後まで戦い抜くことはできませんでしたが、日本人では初の準優勝なのでかなりすごいです。成長が止まらない錦織選手、今回はどこまで勝ち進むことが出来るのか楽しみではありますね(#^^#)

 

関連記事
テニスマドリードオープン2016のドロートーナメント表や放送と日程!
錦織圭 テニス最新の試合予定や結果一覧、日本のテレビ放送予定!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » テニス » テニス・マドリードオープン2016試合結果速報!【錦織圭】