テニスウィンブルドン2016試合結果速報!【錦織圭】 | Wontime

テニスウィンブルドン2016試合結果速報!【錦織圭】

テニス、ウィンブルドン2016錦織圭選手の試合日程や結果を、速報でお伝えしていきます!また、ダニエル太郎選手、他男子選手(出場未定)、女子の土居美咲・日比野菜緒・奈良くるみ選手も今回ウィンブルドン本選出場が決定していますのでその日程・結果についても記載しております。

Sponsored Link


目次
錦織圭選手の試合日程・結果
ダニエル太郎・西岡良仁選手の試合日程・結果
土居美咲・日比野菜緒・奈良くるみ選手の試合日程・結果
ウィンブルドン2016最終結果
過去ウィンブルドンの錦織圭選手の成績と優勝者

 

 

 

 

錦織圭選手の試合日程・結果

※時差は日本が7時間進んでいますが全て日本時間にて表記しております。(日本20:00⇒現地12:00)

 

ウィンブルドン2016 1回戦(錦織初戦)

6月27日(月) 23:00~

 

錦織圭 VS サミュエル・グロス

 

「サミュエル・グロス(世界ランク123位、オーストラリア)選手との過去の戦績」
・2015年シティオープン2-0で勝利
通算:1勝0敗

 

ということで、過去の戦績や世界ランクから勝利の可能性が高いですが油断はできません。グロス選手は長身でサーブが速い選手で有名なので、そこをいかにサービスブレイクできるかで勝敗が決まって来るかもしれません。

 

【試合結果】
第1ゲーム:6-4
第2ゲーム:6-3
第3ゲーム:7-5
結果:3-0

錦織選手の勝利!

 

ウィンブルドン2016 2回戦

6月29日(水) 23:30~⇒遅延し6月30日(木)21:00~開始予定

錦織圭 VS ジュリアン・ベネトー

「ジュリアン・ベネトー(世界ランク547位・・・自己ベスト世界ランク25位、フランス)選手との過去の戦績」
・2007年レッグ・メーソン・テニス・クラシック大会0-2で敗北
・2012年全豪オープン3-1で勝利
・2013年BNPパリバマスターズ2-0で勝利
・2014年マレーシアオープン2-0で勝利

通算:3勝1敗

べネト―選手との初戦はストレート負けしてしまいましたが、その後は3連勝中のようです。落ち着いていつものプレーをすれば勝てる可能性が高いですね!

 

【試合結果】
第1ゲーム:4-6
第2ゲーム:6-4
第3ゲーム:6-4
第4ゲーム:6-2
結果:3-1

錦織選手の勝利!3回戦進出!

 

ウィンブルドン2016 3回戦

・7月2日(土) 00:00~開始予定⇒小雨により遅延し、19:00~開始

錦織圭 VS アンドレイ・クズネツォフ

「アンドレイ・クズネツォフ(世界ランク42位、ロシア)選手との過去の戦績」
(・2010年AEGON国際オープンで棄権により敗北
・2016年全仏オープン3-0で勝利
通算:1勝0敗(1勝1敗)

初試合では棄権し敗北するも、今年の全仏ではストレート勝ちをしていますね。体調が万全な状態でなら勝てる相手ではあるようですが、脇腹の痛み具合で勝敗(棄権の可能性あり)が決まってくるかもしれませんね。

 

【試合結果】
第1ゲーム:7-5
第2ゲーム:6-3
第3ゲーム:7-5
結果:3-0

錦織選手の勝利!2度目のウィンブルドンベスト16!

 

ウィンブルドン2016 4回戦

・7月4日(月) 21:00~

錦織圭 VS マリン・チリッチ

「マリン・チリッチ(世界ランク13位、クロアチア)選手との過去の戦績」
・2008年パシフィックライフ・オープン0-2で敗北
・2010年全米オープン3-2で勝利
・2011年チェンナイ・オープン2-1で勝利
・2012年全米オープン1-3で敗北
・2013年ブリスベン国際2-1で勝利
・同年USナショナルインドアテニス選手権2-0で勝利
・2014年全米オープン0-3で敗北
・同年バルセロナオープン・バンコ・サバデル2-0で勝利
・2015年楽天ジャパンオープンテニス2-1で勝利
・同年シティオープン2-1で勝利
通算:7勝3敗

過去の戦績から、勝率7割ですね。錦織選手は芝コートが苦手なこともあってか、全米オープン試合時の負けが目立つようです。勝てる可能性が高い相手ですが、今回も芝コートで、また脇腹の痛みの再発が気にかかります。2014年ではウィンブルドンテニス大会自己最高のベスト16を更新。残念ながらミロシュ・ラオニッチに負けてしまいましたが、果たして今回は自己ベスト更新なるか・・・試合が楽しみですね!

【試合結果】
第1ゲーム:1-6
第2ゲーム:1-5
第3ゲーム:
結果:

錦織選手棄権により敗退

残念ながら錦織選手4回戦敗退という結果で終わりました。やはり左脇腹の痛みが完全に回復していなかったことが原因のようです。他の試合でもずっとその痛みと戦っていたようですね。痛みさえなければ錦織選手ウィンブルドン初の準々決勝進出もあったかもしれませんが、今後の試合を考えると無理に戦い余計に悪化してしまう可能性もあったので、棄権は賢明な判断だったのかもしれませんね。次の大会はロジャーズカップですが、まだ全米オープンが残っていますね。その試合では一体どのような結果になるのか、痛みが早く回復してほしいと願う一方で、次の試合がとても楽しみですね(*’ω’*)

 

 

ダニエル太郎・西岡良仁選手の試合日程・結果

ウィンブルドン2016 1回戦(ダニエル初戦)

・6月28日(火) 19:30~

 

ダニエル 太郎(世界ランク115位) VS フアン・モナコ(世界ランク97位、アルゼンチン)

 

第1ゲーム:5-7
第2ゲーム:6-4
第3ゲーム:3-6
第4ゲーム:2-6
結果:1-3

ダニエル太郎選手敗退

ダニエル選手は2セット目でなんとか同点まで追いつきましたが、その後2セット連続獲得されてしまい、残念ながら1回戦で敗退となります。

 

 

【西岡 良仁】

・6月27日(月) 19:30~

西岡良仁(世界ランク122位) VS セルジ―・スタホフスキー(世界ランク92位、ウクライナ)

 

第1ゲーム:3-6
第2ゲーム:4-6
第3ゲーム:4-6
結果:0-3

西岡選手敗退

残念ですが、西岡選手は1回戦敗退となります。でもウィンブルドン本選出場だけでもかなりの成長と言えますね!

 

 

 

 

土居美咲・日比野奈緒・奈良くるみ・大阪なおみ選手の試合日程・結果

ウィンブルドン2016 女子1回戦

【日比野 奈緒】
・6月28日(火) 22:30~

日比野 菜緒(世界ランク71位) VS アンドレア・ベトコビッチ(世界ランク34位、ドイツ)
第1ゲーム:6-3
第2ゲーム:5-7
第3ゲーム:2-6
結果:1-2

日比野奈緒選手敗退

1セット目は先取したものの、後に2セット連続でとられ、逆転勝ちをされてしまいました。日比野選手残念ながら2回戦の敗退となります。

 

 

【土居 美咲】
・6月28日(火) 03:30~

土居美咲(世界ランク49位) VS ルイザ・チリコ(世界ランク74位、アメリカ)
第1ゲーム:6-1
第2ゲーム:6-2
結果:2-0

土居美咲選手の勝利!

 

【奈良 くるみ】
・6月27日(月) 19:30~

奈良くるみ(世界ランク94位) VS マディソン・ブレングル(世界ランク62位、アメリカ)
第1ゲーム:6-2
第2ゲーム:6-7
第3ゲーム:6-3
結果:2-1

奈良くるみ選手の勝利!

 

ウィンブルドン2016 女子2回戦

【日比野 奈緒】
・なし

【土居 美咲】
・6月29日(水) 22:30~⇒遅延し、6月30日(木)22:00~開始予定

土居美咲(世界ランク49位) VS カロリナ・ブリスコバ(世界ランク17位、チェコ)
第1ゲーム:7-6
第2ゲーム:6-3
結果:2-0

土居美咲選手の勝利!上位ランクの選手に対しストレート勝ちで5年ぶりに3回戦へ進出です!

 

【奈良 くるみ】
・6月30日(木) 03:30~⇒遅延し7月1日(金)00:00~開始予定

奈良くるみ(世界ランク94位) VS カリナ・ビットヘフト(世界ランク109位、ドイツ)
第1ゲーム:3-6
第2ゲーム:0-6
結果:0-2

奈良くるみ選手敗退

奈良選手、1ゲーム目から相手に押され、そのまま逆転できずストレート負けという結果になりました。

 

ウィンブルドン2016 女子3回戦

【土居 美咲】
・7月2日(土) 01:00~開始予定⇒19:00開始

土居美咲(世界ランク49位) VS アンナレナ・フリードサム(世界ランク57位、ドイツ)
第1ゲーム:7-6
第2ゲーム:6-3
結果:2-0

土居選手の勝利!ウィンブルドン初のベスト16です!

 

【日比野 奈緒】
・なし

【奈良 くるみ】
・なし

 

ウィンブルドン2016 女子4回戦

【土居 美咲】
・7月4日(月)

土居美咲(世界ランク49位) VS アンゲリク・ケルバー(世界ランク4位、ドイツ)
第1ゲーム:3-6
第2ゲーム:1-6
結果:0-2

土居選手の敗退

さすがに世界ランク4位は強敵でした。圧倒的な強さでストレート負けでしたね。でも自己最高ベスト16という結果を残しました!土居選手も他の日本人選手と比べ急成長を遂げています。果たして次の試合では一体どこまで勝ち進む事が出来るのか・・・とても気になりますね(#^^#)

 

 

ウィンブルドン2016最終結果

【男子】
優勝:アンディ・マリー(世界ランク2位、スコットランド)
準優勝:ミロシュ・ラオニッチ(世界ランク7位、カナダ)

【女子】
優勝:セリーナ・ウィリアムズ(世界ランク1位、アメリカ)
準優勝:アンゲリク・ケルバー(世界ランク2位、ドイツ)

【日本人選手の成績】
錦織圭:ベスト16
土居美咲:ベスト16
奈良くるみ:2回戦進出
ダニエル太郎:1回戦敗退
西岡良仁:1回戦敗退
日比野奈緒:1回戦敗退

 

 

過去のウィンブルドンテニスの錦織圭選手の成績と優勝者

ウィンブルドンテニスの錦織圭選手の過去3年分の成績や優勝者を記載いたしました。

 

【2015年ウィンブルドン】
錦織圭:2回戦進出
優勝者:ノバク・ジョコビッチ

 

【2014年ウィンブルドン】
錦織圭:4回戦進出
優勝者:ノバク・ジョコビッチ

【2013年ウィンブルドン】
錦織圭:3回戦進出
優勝者:アンディ・マリー

 

錦織選手のウィンブルドン自己ベストは4回戦進出のようです。ここ2年間はジョコビッチ選手が優勝しており、ジョコビッチ選手(計3冠)やマリー選手(2013年優勝のみ)以外にもロジャーフェデラー選手は優勝4回、ラファエルナダル選手は優勝を2回しているようです。錦織選手は2010年までは1回戦で敗退してましたが、年々実力を上げてきているようですので今大会は一体どこまで勝ち進むことが出来るのか、非常に楽しみですね(*’ω’*)

 

 

関連記事

テニス ウィンブルドン2016ドロートーナメント表や放送と日程!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » テニス » テニスウィンブルドン2016試合結果速報!【錦織圭】