マリンチリッチのプレースタイルやプロフィール!錦織圭との戦績は? | Wontime

マリンチリッチのプレースタイルやプロフィール!錦織圭との戦績は?

クロアチアの男子プロテニスのマリンチリッチ選手、今回は彼のプレースタイルやプロフィール、また世界ランクや錦織圭との戦績などを調べてみました!

 

Sponsored Link


 

 

≪目次≫
マリンチリッチのプロフィールやプレースタイル
マリンチリッチvs錦織圭との戦績
まとめ

 

 

 

マリンチリッチのプロフィールやプレースタイル

では早速マリンチリッチ選手のプロフィールからどうぞ!

 

≪プロフィール≫


引用:引用:http://urx3.nu/xRpU
名前:Marin Cilic(マリン チリッチ)
生年月日:1988年9月28日(現在27歳)
出身:ボスニア・ヘルツェゴビナ・メジュゴリエ(国籍:クロアチア)
身長:198cm
体重:88kg
世界ランク:9位(2016年8月22日現在)

 

以上が簡単なプロフィールですが、やはり外国人テニスプレイヤーは年相応には見えません(いい意味で(笑))日本人の方で同じ年齢だったら初対面、年齢を聞かずとも年上だと確信することでしょう(._.)身長なんてほぼ2m近くありますね。そんな高いと頭が心配になりますね、絶対頭ぶつけますよ・・・家の天井で、キッチンで、電車で頭をガンガンと・・・傷がいえる間もなくガンガンと・・・。

 

でもスポーツだとそれが有利に働き、良いですよね(*’ω’*)

 

出身がボスニア・ヘルツェ・・・とちょっと長ったらしい名前ですが、簡単に言うとヨーロッパのルーマニアとかハンガリーの下当たりにユーゴスラビアがあり、その中の南部の方にある小さな町だそうです。テニスを始めたきっかけは従兄弟の影響で、7歳から始めているようですよ。

 

 

≪プレースタイル≫
彼のプレースタイルはその長身を生かした、高速サーブや高くからの角度をつけたショットが特徴のようです。ミスは少なく安定したストロークも彼の武器のようです。マリンチリッチ選手の主な成績は以下の通りとなります。

 

【4大大会】
・全豪オープン準決勝進出
・全仏オープン4回戦進出
・ウィンブルドン準々決勝進出
・全米オープン優勝(2014年

 

ATP1000ツアーズの成績は目立ったものはなく、比較的小さな大会(ATP250,500)で何回も準優勝や優勝をしているようですね。着実と実力を上げてきている選手で、そのうちグランドスラム大会やATP1000ツアーズなどの大きな大会で名を知らしめる時が来るかもしれませんね。

 

 

 

マリンチリッチvs錦織圭との戦績

以下マリンチリッチ選手と錦織圭選手の戦績について調べてまとめてみました。意外や意外、結構対戦しているようですよ。

 

【錦織選手との戦績】
・2008年パシフィックライフ・オープン1回戦、2-0で勝利
・2010年全米オープン2回戦、2-3で敗北
・2011年チェンナイ・オープン1回戦、1-2で敗北
・2012年全米オープン3回戦、3-1で勝利
・2013年ブリスベン国際準々決勝、1-2で敗北
・同年USナショナルインドアテニス選手権準々決勝、0-2で敗北
・2014年全米オープン決勝3-0で勝利
・同年バルセロナ・オープン準々決勝、0-2で敗北
・2015年楽天ジャパンオープンテニス、1-2で敗北
・同年シティオープン準決勝、1-2で敗北
・2016年ウィンブルドン4回戦、錦織棄権により勝利

 

通算4勝7敗というところでしょうか。錦織選手との対戦を見るとやや負け気味かと思います。ですがキャリア最高世界ランク8位(男子シングルス、2014年)をたたき出した経験があるので、これからも強くなる可能性は十分にありそうですね。

 

 

 

まとめ

 

・マリンチリッチ身長はほぼ2m
・プレースタイルは身長を生かした、角度をつけたサーブと安定したストロークで敵を翻弄!

 

 

こちらの記事は以上になりますが、いかがだったでしょうか?
こちらのサイトでは他にも、錦織選手の試合日程やドロートーナメント表、テレビ放送予定など記載しておりますので、良かったらご覧になってください。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » テニス » マリンチリッチのプレースタイルやプロフィール!錦織圭との戦績は?