テニス東レパンパシフィックオープン2016試合日程、結果速報! | Wontime

テニス東レパンパシフィックオープン2016試合日程、結果速報!

9月19日から女子テニス東レ・パンパシフィック・オープン2016が開催されますので、その試合日程や結果について記載したいと思います!

 

スポンサーリンク


 

≪目次≫
大会概要
予選について
試合日程や結果(シングルス・ダブルス)
2016年最終結果
過去の結果

 

 

大会概要

以下大会の概要になります。

大会名:東レ・パンパシフィック・オープン2016
日にち:9月19日(月・祝)~9月25日(日)
※予選は17日~19日
場所:日本 東京 有明コロシアム
サーフェス:ハードコート
選手数:シングルス28名、ダブルス16組
賞金総額:885,500ドル(日本円で約9100万円、2016年9月15日時点1ドル102.61円で換算)
日本人出場選手・・・土居美咲、大阪なおみ選手と他12名

 

 

予選について

東レパンパシフィックオープン2016の日本人予選参加者は12名おり、
現在予選3回戦進出者は青山修子、日比野菜緒、加藤未唯の3名です。
上記3名は残念ながら予選通過出来ず、本選出場はなりませんでした。

 

試合日程や結果(シングルス・ダブルス)

以下大会の日程になります。
※世界ランクは2016年9月19日時点のものです。

 

≪シングルス1回戦≫
土居美咲(世界ランク34) VS 大阪なおみ(世界ランク66位)

試合結果
第1セット:4-6
第2セット:4-6
セット数:0-2

大阪選手の勝利!

 

≪シングルス2回戦≫
【大阪なおみ】
日にち:9月21日(水) 15:00~試合開始予定
大阪なおみ(世界ランク66位) VS ドミニカ・チブルコア(世界ランク12位、スロバキア)

試合結果
第1セット:6-2
第2セット:6-1
セット数:2-0

大阪選手の勝利!

 

≪シングルス準々決勝≫

【大阪なおみ】
◆9月23日(金) 16:00~試合開始予定
大阪なおみ(世界ランク66位) VS アリャクサンドラ・サスノビッチ(世界ランク107位、ベラルーシ)

試合結果
第1セット:6-3
第2セット:7-6
セット数:2-0

大阪選手の勝利!

 

≪シングルス準決勝≫

【大阪なおみ】
◆9月24日(金)
大阪なおみ(世界ランク66位) VS エリナ・スビトリナ(世界ランク20位、ウクライナ)

試合結果
第1セット:1-6
第2セット:6-3
第3セット :6-2
セット数:2-1

大阪選手の勝利!初の決勝進出!

 

≪シングルス決勝≫

【大阪なおみ】
◆9月25日(日)12:00~試合開始予定
大阪なおみ(世界ランク66位) VS キャロライン・ウォズニアッキ(世界ランク28位、デンマーク)

試合結果
第1セット:5-7
第2セット:3-6
セット数:0-2

大阪選手の敗北

スポンサーリンク



 

≪ダブルス1回戦≫
【土居美咲&大阪なおみ】
◆9月20日 17:00~試合開始予定
対戦相手:サニア・ミルザ(インド)&バルボラ・ストリコバ(チェコ)
試合結果:1-2

土居&大阪ペア敗北

 

【青山修子&二宮真琴】
◆9月20日 17:00~試合開始予定
対戦相手:日比野菜緒&アリシア・ロソルスカ
試合結果:2-1

青山&二宮ペアの勝利!

≪ダブルス準々決勝≫
【青山修子&二宮真琴】
◆9月22日 12:00~試合開始予定
対戦相手:ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)&マリアホセ・マルティネスサンチェス(スペイン)
試合結果:0-2

青山&二宮ペアの敗北

 

【加藤 未唯&シュ・イーファン】
◆9月22日 16:00~試合開始予定(遅延)→23日10:00開始予定に変更になりました。
対戦相手:サニア・ミルザ(インド)&バルボラ・ストリコバ(チェコ)
試合結果:0-2

加藤&シュペアの敗北

 

 

2016年最終結果

以下東レパンパシフィックオープン2016の最終結果を記載いたします。

【シングルス】
優勝:キャロライン・ウォズニアッキ(世界ランク28位、デンマーク)
準優勝:大阪なおみ(世界ランク66位)

【ダブルス】
優勝:サニア・ミルザ(インド)&バルボラ・ストリコバ(チェコ)
準優勝:リャン・チェン(中国)&ヤン・ザオシャン(中国)

土居&大阪ペア:1回戦敗退
青山&二宮ペア:準々決勝進出
加藤&シュ・イーファン(中国)ペア:準々決勝進出
 

 

過去の結果

以下に過去3ケ年分の試合結果を記載いたします。

2015年
優勝:アグニエシュカ・ラドワンスカ(世界ランク4位、ポーランド)
準優勝:ベリンダ・ベンチッチ(世界ランク27位、スイス)

2014年
優勝:アナ・イバノビッチ(世界ランク31位、セルビア)
準優勝:キャロライン・ウォズニアッキ(世界ランク29位、デンマーク)

2013年
優勝:ペトラ・クビトバ(世界ランク16位、チェコ)
準優勝:アンゲリク・ケルバー(世界ランク1位、ドイツ)

※世界ランクは2016年9月15日現在のものです。

 

以上が過去3年分の試合結果になりますが、毎回違う選手が優勝していますね。しかも格下選手が各上選手に打ち勝つ、下剋上のような現象が起きるのもこの大会の特徴のようです。この大会は日本で最大の国際テニス大会なので、会場は毎年多くの日本人が訪れるようですね。今まで日本人シングルスでの優勝は1995年に伊達選手が一度だけで、現役女子プロテニスでの優勝はないようなので、今回は日本人選手に期待したいですね!(*’ω’*)また、ドロー表や放送なども別の記事で記載しております。

【関連記事】
東レパンパシフィックオープン2016女子テニスドロー表や放送【土居・大阪】


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » 未分類 » テニス東レパンパシフィックオープン2016試合日程、結果速報!