三原舞依の高校やコーチ、プロフは?病気を克服した過去がスゴイ! | Wontime

三原舞依の高校やコーチ、プロフは?病気を克服した過去がスゴイ!

三原舞依さんが2016-2017のグランプリシリーズスケートアメリカへ発進しましたね!その三原舞依さんの高校やコーチ、プロフィール、また病気を抱えていたが、それを克服した過去についてを記載したいと思います!

 

Sponsored Link


 

≪目次≫
三原舞依のプロフィールや高校やコーチは?
病気とは?それを克服した過去がスゴイ
まとめ

 

 

三原舞依のプロフィールや高校やコーチは?

まずは三原舞依さんのプロフィール情報になります。


出典:Twitter
名前:三原舞依(みはらまい)
生年月日:1999年8月22日
出身地:兵庫県神戸市
身長:154cm
血液型:A型

舞依さんは若干17歳にして、

プランタン杯・ガルデナスプリング杯・アジアフィギュア杯・CSネーベルンホルン杯で優勝

していて、トリプルジャンプはアクセルを除いた全て飛ぶことが出来るスーパー高校生です。

中学は神戸市立飛松中学校、高校は兵庫県立芦屋高等学校(芦高)のようです。

現在も在学中ですね♪

その高校は偏差値が56と高めの進学校のようですよ!

 

ちなみに彼女の憧れの浅田真央さんは中京大学附属中京高校

に通っていたそうでそこも偏差値が高く、なんと66!

ちなみに安藤美姫さんも浅田さんと同じ高校のようです。

 

スケートがお上手なので推薦の可能性もありますが、

フィギュアスケート選手って頭いいですね(*’ω’*)

 

そして三原さんのコーチは2人いて、

中野園子さんとグレアム充子さんという方のようです。

お二人は神戸ポートアイランドスポーツセンターでお勤めになっており、

同じフィギュアスケート選手の坂本花織選手の指導も行っているようです。

弟子のレベルが上がってきているとの噂が出てきているので、これから

どんな選手が出てくるか、楽しみですよね(*’ω’*)

そこで、猛特訓の末、次々とタイトルを獲得していった

三原舞依さんですが、一時期病気に苦しんでいたそうなんですよ。

 

 

病気とは?それを克服した過去がスゴイ

その病気とは、「若年性突発性関節炎」という

16歳未満にかかる原因不明の関節炎と言われ、難病だったそうです。

なんでも人口10万人のうち8~9人しかかからない

とても珍しい病気のようです。

症状は関節の痛みや高熱、皮膚発疹など大変辛いものだそう。

三原さんはその病気のせいで朝中々起きられなかったり、関節の激痛から

スケートを出来ない日々が続いたようです。

 

普通ならここで殆どの人が諦めてしまうかもしれませんが、三原さんは違いました。

 

病気を言い訳にしなかったり、過去の自分より上を目指す心を強く持ち

 

リハビリに励んだ結果、

ついに難病といわれた病気を見事克服

 

今は、グランプリシリーズのアメリカ杯へと元気に挑戦しています。

 

すばらしいですよね、その精神力!

舞依ちゃん凄すぎ(>_<)

 

こういう姿を見ると、

ちょっとの事で落ち込んでいる自分がバカバカしく

思えてきますね。

 

まさにあっぱれです(=゚ω゚)ノ

 

まとめ

三原舞依さんは兵庫県立芦屋高等学校に通い中野園子・グレアム充子さんという2人のコーチを持ち、

難病と言われる若干性突発性関節炎という病気も強い精神力で乗り越え、トリプルジャンプも5つのうち4つも華麗にジャンプする

スーパー高校生ということをお伝えしました。

 

アメリカから始まった、グランプリシリーズ2016-2017は

果たしてどのような結果を出してくれるのでしょうか?

 

これからの三原舞依さんに期待ですね!(#^^#)


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » 未分類 » 三原舞依の高校やコーチ、プロフは?病気を克服した過去がスゴイ!