潮干狩り2017「日川浜海岸」の時期や駐車場、アクセスについて! | Wontime

潮干狩り2017「日川浜海岸」の時期や駐車場、アクセスについて!

こちらの記事では潮干狩り2017「日川浜海岸」の時期や駐車場、アクセスについてまとめています!また潮干狩りの注意点なども記載しております。


スポンサーリンク


 

≪目次≫
日川浜海岸の潮干狩りの時期
日川浜海岸の駐車場、アクセスについて
日川浜海岸での潮干狩りの際の注意点
まとめ

 

 

日川浜海岸の潮干狩りの時期

日川浜海岸(にっかわかいがん)の潮干狩りの時期ですが2016年では、5月上旬~8月上旬となっているようです。

毎年同じ時期に開催されるので2017年もおおよそ同じと予想できますね。

でも日によってとれる量にバラツキがあるので実際には潮見表をご覧になって出かけた方が

良いですね。

以下サイトにて茨城県の潮見表が記載されているのでそちらを参考になっていかれた方が無難かと思われます。

一応参考となるサイトがありますが、実際には新聞などに情報が記載されているので、前もって調べてから行かれることをお勧めいたします。
潮mieYell(茨城県の潮見表)のサイトへ

 

 

日川浜海岸の駐車場、アクセスについて

日川浜海岸(日川浜海水浴場)の駐車場やアクセスについては以下の通りとなります。


住所:茨城県神栖市日川
駐車場:600台、無料(駐車場の場所は地図海を前にして日川海水浴場のすぐ後ろ※地図左下の衛星写真にしてみると分かりやすいです。)
潮干狩りの料金:無料
とれる具の種類:マハグリ
☆アクセス☆
車の場合・・・東関東道潮来IC~19km(約30分)
電車の場合・・・JR鹿島神宮駅→関東鉄道バス海岸線銚子駅行きで1時間+バス停:浜松を降りて徒歩約15分
高速バスの場合:JR東京駅八重洲南口発鹿島神宮行きに乗車し、「鹿島セントラルホテル」で下車、車で約25分
☆その他施設☆
あるもの・・・トイレ
ないもの・・・更衣室、休憩所、コインロッカー、温水シャワー

駅からバスなどは出ていますがJR鹿島神宮駅を降りてバス+徒歩で約1時間15分と結構かかるようですね。

駐車場も600台あることや、更衣室やコインロッカーがないため、車で行った方が良いと思います(#^^#)

また、風車や近くに釣り場やオートキャンプ場、温浴施設があるようなので夏の海を満喫できそうな場所ですね♪

ちなみに泳ぐ時間は7月16日(土曜日)~8月21日(日曜日)の09:00~16:00まで可能だそうです。

 

スポンサーリンク



 

日川浜海岸での潮干狩りの際の注意点

以下日川浜海岸での潮干狩りの際の注意点について記載いたします。

・一人当たり1日1kgまで
・3センチ以下のものは掘らない
・金網や網が付いた漁具の使用は禁止
漁具詳細は以下です。
「柄の長さは50センチメートル未満」
「つめの長さは5センチメートル未満」
「つめの幅は20センチメートル未満」

以上のようです。大切な海の資源を守るためにも以上は守って楽しく潮干狩りをしましょう♪

また波が荒れている日に行ったり、体調がすぐれないのに遊ぶといったことはやめましょう(*’ω’*)

日川浜海岸は波崎海水浴場と同じ神栖市(かすみし)の管轄なのでルールは大体同じのようです。

 

まとめ

では日川浜海岸の潮干狩り情報まとめになります。
≪まとめ≫
・時期は5月上旬~8月上旬
・駐車場は無料600台でアクセスは東関東道潮来IC~19km(約30分)
・潮干狩りは一日一人当たり1kgまで、3センチ以下掘り✕、漁具の使用✕

 

以上となります。

それでは以上でこちらの記事は終了になります。

最後までお読みいただきまして有難うございました!


スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

Wontime TOP » 潮干狩り2017特集 » 潮干狩り2017「日川浜海岸」の時期や駐車場、アクセスについて!